日本でもAIの市場規模が恐ろしいほどに拡大している

日本でのAIの市場規模というのは2030年には80兆円声を期待されているのでそれだけ情報通信産業はもちろんのこと様々な分野においてAIというのが導入される可能性が高くなっていると言えるでしょう。どんなことをするのかと言いますと予測になります。金融業界などでは既に株式取引などにおいてこういうことが使われているのは間違いないのですがあるいは商品の需要などに関する予測などもAIに全てやらせようということが考えられているわけです。あるいは認識という分野においても重要な能力になると言われています。それはどういう意味であるのかと言いますと例えば写真を分類したりあるいは言葉のテキストをどのような分野のものであるのかということをファイリングしたりということなどにも使われる可能性が高くなっています。内容を精査してそれを並べ替えるということが機械は認識できるのであれば非常に効率的に行うことができるので、それはとてもよいことになるといえるでしょう。人の仕事が奪われるという可能性が高いのは間違いないことになります。キャッシング審査スピード