一生懸命に仕事をこなすボールボーイたち。

今年の全仏オープンテニス、怪我からの復帰となった錦織圭選手はベスト16という結果に終わってしまいました。24歳のティーム選手の高速サーブ、錦織選手のミスショットが重なり序盤はほぼゲームを奪えず2セット連取されました。その後第3セットは粘りを見せ1セット取り返しましたが、第4セットで試合は終了しました。途中、怪我をした右手首を気にする様子があり一瞬ヒヤッとしましたが何とか最後まで戦い抜きました。
他の大会でも見ていて気になるのが、サーブミスなどでコートに転がったボールを拾い集める役割のボールボーイの子供たちや選手にタオルやボールを渡す役割を務める子供たちの存在。厳しい表情で闘っている選手に気を遣いながら、タオルを差し出す姿を目で追ってしまいます。選手の指示通りに動かないと怒られるだろうし、イライラしている選手もいるだろうし相当に気疲れするだろうなぁと勝手に想像しています。けれど、こういった経験をできると将来、いい思い出になるだろうなと思いながら見ています。