イエスキリストの謙遜さと彼の両親から学べる事柄

聖書時代のイスラエル人は年3回エルサレムの神殿に行く事がモーセの律法の中で定められていました。イエスキリストも家族と共にエルサレムへ行った事が聖書の中に記録されています。ルカによる福音書の中で12歳の頃のイエスキリストがエルサレムの神殿で律法教師達と議論しているシーンがありますが、その記述から学べる点を考慮します。イエスキリストが天での生活の記憶を取り戻したのはバプテスマを受けた29歳の時で、ものみの塔の資料によると、12歳の頃は全く記憶を取り戻していなかったようだとの事です。一方でマリアや養父ヨセフはイエスキリストに、彼の出生やエホバ神の御子である事、約束のメシアになる事などを話していたに違いありません。更に律法教師達を驚かせるほど聖書に精通していました。通常、このような子供は甚だしいまでに傲慢になるものです。しかし、ルカによる福音書にはイエスは引き続き両親に服したとあります。つまり、イエスキリストは謙遜さを既に身につけていたのです。両親も聖書に沿ってイエスキリストを教え諭したに違いありません。そうでなければ、傲慢になる条件満載なのにここまで謙遜になるはずがありません。教育の大切さを理解出来ます。アイフル 即日融資 流れ